ご予約
一般社団法人 新居浜カントリー倶楽部 facebook

【会員ページ】お知らせ

設備投資に伴う年会費の値上げについて

2020/05/03

令和2年5月吉日

 

会 員 各 位

 

新居浜カントリー倶楽部

理事長  小野 幸男

 

設備投資に伴う年会費の値上げについて

 

平素から会員各位におかれましては、新居浜カントリー倶楽部の運営に格別のご尽力をいただき厚くお礼申し上げます。

 

さて、当倶楽部は、ゴルフ設計の巨匠上田治氏の監修によりオープンし、鈴木正一氏の設計により近代化された「日本のゴルフ聖地100」にも選定されている歴史と伝統のあるコースです。

しかしながら、高速道路の開通に伴うコース改造、倶楽部ハウスの改修後30有余年が経過し、

倶楽部ハウス設備の劣化も進み、早急にコースの適正な維持管理、設備投資などの費用を賄う

必要に迫られております。

 

現在、当倶楽部の適正な維持管理経費は年間72,670千円を必要とし、その他運営経費を含

めると、現在の26,739千円の年会費収入では極めて厳しい状況にあります。

このため、コースの維持管理に必要不可欠な機械の購入が出来ず、夏にはラフの刈り込みが

遅いとの苦情が多く寄せられるなど、コースの適正な維持管理が十分できない状況にあります。

また、平成16年の台風災害、その後のフェアウェイやグリーンの枯損により、従来の売上げ

に回復していないことから、設備投資資金を捻出できない厳しい経営状況が続いています。

 

今後、当倶楽部が持続可能な運営を行うためには、会員のプレー回数の向上、プライベート

コンペの年間予約や個人会員の法人会員化により多くの来場者を増加させ収入を増やすことと

併せまして、今回会員様にお願いしている年会費の値上げにより、当倶楽部の資産価値を高める

ために必要な設備資金に充当して参りたいと考えております。

新型コロナウィルスにより今後の状況は予断を許しませんが、操業停止など重大な影響が見込まれる場合は、年会費の値上げについて、1年間見送ることなどについて検討いたします。

このため、かかる事情をご賢察いただき、設備投資に必要な年会費の値上げについて、ご理解

とご協力賜りますようお願い申し上げる次第であります。

 

今回ご説明の当倶楽部の今後10年間の設備更新計画は次の通りです。

⑴コース管理課

・フェアウェイへの自動散水システムの構築(井戸の自動揚水・送水システム含む)

・芝刈り機や各種の更新作業用機械の更新

⑵倶楽部ハウス

・ロッカー、音響設備、ボイラー、高圧受電設備、コンピューターシステムの更新

・スターティングテラス天井と玄関天井の防水工事

・フロアカーペットの張替え    ・風呂とトイレの改修工事

⑶スタート室・カート室

・アウトとインのスタートホールにあるカメラの更新

・カートの更新とカートナビの導入    ・カートの電磁誘導式への移行

⑷レストラン

・冷蔵庫、冷凍庫、テーブル型冷蔵庫、冷凍ストッカー、茹で麺器の更新

・フロアカーペットの張替え    ・テーブルと椅子の更新

・ミーティングルームの可動式間仕切り板の設置

等です。これらの概算費用は、約220,000千円を見込んでおります。

ギャラリー