ご予約
一般社団法人新居浜カントリー倶楽部 facebook

あゆみ

ダイナミックでスリリングな景観を創作する
“剛の上田”と呼ばれる名設計家 上田 治

よみうりカントリークラブ、広島カンツリー倶楽部八本松コース、下関ゴルフ倶楽部、古賀ゴルフクラブなど、西日本を中心に50を超えるコースを手がけた上田治氏の活躍は、1907年(明治40年)大阪府茨木市に生まれ、旧制茨木中学校、旧制松山高校を卒業し京都大学農学部へ進み林学を学んだ。
上田氏は、恩師の強い勧めで志染村(現三木市)の立地に惚れ込んだ英国人設計家、チャールズ・ヒュー・アリソンが設計した廣野GC造成に助手として加わり、コースレイアウトと築造技術を学んだ。

ゴルフという新しいスポーツに出会い、廣野GC完成後、嘱託としてグリーンキーパーを経験したこと等もあり、コース設計に興味を持つ事となったようである。
昭和11年には9ヶ月に及ぶ英米の名コースの視察を敢行し、この体験が後に高名な設計家として大成する礎となったと思われる。
C・Hアリソンが描いた原設計図に忠実に復元し、多くのゴルファーの憧れとなるゴルフ場として完成させた。

上田氏は、ダイナミックなレイアウトデザインが多いといわれている。
それは丘陵地帯に土木機械を駆使して大量の土を動かし、広大で変化に富んだコースを誕生させ、ありのままの高低差を駆使してプレーヤーに戦略性を問うとの思想があるものと思われる。
日本の名コ―スを設計し、剛の上田治とも言われる著名なコース設計家にめぐりあったのが、新居浜カントリー倶楽部の最大の幸せである。

名設計家 上田 治

鈴木正一

上田治の設計思想を受け継いだ鈴木正一は、茨城ゴルフクラブ(茨城県)・額田ゴルフクラブ(愛知県)・三重白山ゴルフコース(三重県)・ABCゴルフクラブ・美奈木ゴルフクラブ(いずれも兵庫県)など、日本を代表するトーナメントコースを数多く手がけている。

鈴木正一